久家陽介|プロフィール

はじめまして。久家 陽介(くがようすけ)と申します。このページでは、私の自己紹介をしていきたいと思います。

私は「健幸づくり」をコンセプトに、2014年6月に整体&コンディショニングルームBest Formを開院し、整体師として患者様の施術をさせていただいています。

当院には、「どこの治療院に行っても治らない」と長年の肩こり・腰痛に悩む方、産後の体のトラブルにお悩みのママさん達がたくさん来院されています。患者様ひとりひとりと向き合った施術を徹底的に行い、日常生活のアドバイスまでさせていただいています。施術中に悩み相談(仕事、家庭、育児など)を受けることも。

私の仕事はご来院してくださる皆様を「幸せにする」こと。整体を通じて、体だけではなく心も整えて、健康で幸せな人生を送って頂きたいという思いを込めて、皆様の「健幸づくり」をさせていただいています。

肩のリハビリ経験からトレーナーを志す

私は大学まで、野球部に所属し、部活中心の生活を送っていました。ポジションはピッチャー。肘や腰の故障はありましたが、野球がやれないほどの大きな怪我はなくやれていたのですが、大学3年生の時に肩を痛めて、半年間、リハビリ生活を送ることになったのです。

最初は整形外科、整骨院、鍼灸院などに行って、色々な治療を試みましたが、どれも原因すらわからず、全くよくなる気配がありませんでした。「このまま投げられないで終わるのか?」不安と常に戦いながら、大きなストレスを抱えていました。この時初めて、「大好きな野球を諦めようか?」という思いがよぎったのを覚えています。

そんな時に、先輩から、ある先生を紹介してもらいました。この先生は、まず私の体の状態を徹底的にチェックし、治療、そして毎日行うリハビリトレーニングを組み、そしてこう言ってくれました。

「時間はかかるけど大丈夫!ケガする前よりもいい状態でリハビリを終わろう!」

この言葉に最初は驚きました。「痛みがなくなる」ことを求めて、何軒も病院や治療院に行って何も効果がなかったのに、この先生は「ケガする前よりもいい状態」にすると言ってくれているのです。

そして取り組んだのが、「投球フォームの改善」。僕の投球フォームに肩を痛めた原因があるということで、リハビリ後にフォーム指導まで行ってくれました。

ここまで徹底して私の症状を診てくれたのは、この先生が初めてだったので、先生の言葉を信じて、徹底的にリハビリとフォーム改善に取り組みました。

それから6ヶ月後、ついに投球の許可がおりました。こんなに長い間ボールを投げない期間を過ごしたのは初めてだったので、最初の1球を投げる時は不安でしたが、投げてみると・・

全く痛くない!

リハビリ前はあれだけ痛かった肩に何の痛みもありません。それから徐々に力を入れて投げても、ぜんぜん大丈夫。これでやっと野球ができると思うと、涙が込み上げてきました。この時の感動は今でも覚えています。

そして練習を重ねていくうちにあることに気づきました。フォームが改善されて肩に痛みを感じなくなっただけでなく、しっかり腕が振れていいフォームで投げることができるようになっているのです。本当に先生が言っていた「ケガする前よりもいい状態」になっていました。

この経験を通して、私にある想いが込み上げてきました。

「自分が先生の立場になって、この感動を多くの人に届けたい」

もし肩を痛めず順調に野球ができていたら、今の仕事には出会っていなかったと思います。

就職、転職そしてふるさと福岡へ

この頃から、トレーナーになりたいという思いはあったのですが、さすがに大学卒業とともに進路を変更する勇気もなく、自分の思いを抑えて、企業に就職しました。

しかしトレーナーをやりたいという想いが強く、転職を決意。会社を辞め、専門学校に通いながら、整骨院でバイトする生活になりました。この専門学校時代はこれまでで一番勉強した時期だったと思います。

「早く現場に出て、大学時代に診てもらった先生のようになりたい!」

この想いを強く持って、毎日ひたすら勉強と技術練習にあけくれていましたね。

資格取得後、大阪の整骨院で働いたのち、福岡に帰ってきました。帰ってきてからは、整骨院で働きながら、休日は母校野球部でトレーナー活動をしていました。「選手たちに故障なく大好きな野球を思う存分やってほしい!」自分の大学時代のような経験を選手たちにはしてほしくないという思いが強かったので、毎週グランドに行って、選手たちの体のケアを行いました。

独立開業へ

整骨院での約10年間、1日20~30人の患者様の治療を行ってきました。たくさんの方の治療をしないといけないので、1人に対しては約10~15分の治療。限られた時間で結果を出せるように技術、知識を身につけながらやってきましたが、患者様一人一人としっかりと向き合えない治療環境に疑問を持つようになりました。

何人の患者様を治療したか?

売り上げはいくらか?

施術時間を短くできたか?

毎日毎日、こんなことを気にしながらの治療。

整骨院をやっていく上で、必要なことだとは分かってはいたのですが、だんだんと患者様の治療に専念できなくなっている自分がいました。

そんな私でも、「先生の治療を受けたい」と通ってくださる患者様もたくさんいらっしゃいます。

そういった患者様からは、

「先生、ちょっと聞いてほしいんだけど…」

と日常の色々な悩みを聞いたり、アドバイスを求められたりします。

今の世の中は、ストレス社会。みんな何かしらストレスを抱えて生きています。そのストレスが体に影響して不調を訴えている人もたくさんいます。

また、自分でなんとか治そうと、一生懸命アドバイスを求めてくる人もいます。

みなさん、それぞれの悩みの解決を期待してご来院されていると思うのです。

時間に追われて、たくさんの方を診るような治療環境では、期待にすら応えられない方も出てきます。

体の症状もそれぞれ、悩みもそれぞれです。

解決するには、一人一人としっかりと向き合える治療環境が必要不可欠だと思います。

「数ある治療院の中から選んでくれたことに感謝して、期待を1歩でも2歩でも上回る治療を提供したい」

その想いを胸に、精一杯やっていたのですが、院の方針に合わず、社長と衝突することもだんだんと増えてきました。

患者さまのためにと思えば思うほど、院のやり方に合わなくなってきているのがわかり、環境のせいにはしたくはなかったのですが、「自分の想いを実現するには開業するしかない!」と一念発起。

そこで、1日に診る患者様の数は減っても、一人一人としっかりと向き合って喜んでいただける治療をしたいと考え、2014年6月に整体&コンディショニングルーム Best Form を開院しました。

出会った全ての人に「健幸」を届けたい

病院、整骨院、整体、鍼灸・・どこに治療に行っても辛い症状が改善せず、諦めている方は多いのではないでしょうか?その結果、仕事に支障が出たり、大好きな趣味・スポーツができなかったり、産後の育児が辛かったりなど、自分がやりたいことが思うようにできずストレスを抱えてしまうことに。

私は、整体師として、そんな方たちを幸せにすることが使命だと考えています。

「体が治ったら何がしたいですか?」

その実現のために、治療技術、知識、人間性を磨き、みなさまに「健幸」を届け続けます。