fbpx
福岡市で唯一の【姿勢矯正専門】整体院 Best Form | 九大学研都市駅から徒歩5分

腰痛改善のためのストレッチ③

  • HOME »
  • 腰痛改善のためのストレッチ③

こんにちは。整体&コンディショニングルーム Best Formの久家です。

今回は、【腰痛改善のためのストレッチ】の第3回です。

今回ご紹介するストレッチは

腸腰筋

股関節の前にある筋肉で主に脚を前にあげる時に使う筋肉です。

場所がイメージしにくいので下図で確認してくださいね。

(骨盤を前から見た図です)

 

腸腰筋は2つの筋肉からなり(大腰筋と腸骨筋)、それぞれ腰の骨(腰椎)と太ももの骨(大腿骨)、骨盤と太ももの骨についているので、

この筋肉が固くなって短縮すると、腰の骨と骨盤が前に傾いて反り腰になってしまいます。

※立った姿勢で腰が反っている方、仰向けに寝て腰が浮いている方には必ずこの腸腰筋の施術は行なっています。

それではストレッチのご紹介です!

① ストレッチする側の脚を大きく後方に引いて膝をつきます。

② 前脚の太ももに両手をおいてバランスをとり、お尻を締めながら骨盤を前方に移動させます。

③ 股関節の前がピーンと張ったところで止めて、20秒キープ


特に骨盤を前に移動させる時に、腰が反らないように注意してください。

腰を反らさずに行うには、

お尻を締めながら行うこと

がポイントです。

しっかり意識して行なってくださいね!

※図の右側は腰が反ってしまう悪い例

先ほど説明したように、この腸腰筋が短縮すると腰が反るので、腰が反っているということは、腸腰筋はストレッチされていません。

正しく行えば腰痛改善にとても効果のあるストレッチですが、

やり方を間違うと逆に腰を悪くしてしまいます。

必ずお尻を締めながら腰が反らないようにして行なって下さいね!

特にハイヒールを常に履いている方、デスクワークで座っている時間が長い方は腸腰筋が硬くなって短縮しやすいので、ぜひこのストレッチをお試し下さい!

 

次回は

【腰痛改善のためのストレッチ④】
(太ももの裏の筋肉)

をご紹介します。

お楽しみに!

 


「日常の食事の中で

 不足しやすい栄養素を補給して〜」

 

健康食品の謳い文句として

よく聞きますが、

これって何だと思いますか?

そして不足したら

実際どうなるのでしょうか?

 

答えは・・

ビタミン、ミネラル

 

記事内でもお伝えしましたが、

ビタミン・ミネラルは別名【補酵素】とも呼ばれ

酵素の働きをサポートします。

 

健康な体という「家」を建てる時の

「作業員」に当たるのが酵素

「道具」に当たるのがビタミン・ミネラル

です。

 

良い道具が使えれば、

作業員は効率よく仕事でき、

スムーズに家も建つわけです。

 

ということは、

ビタミン・ミネラルが不足すれば、

酵素が効率よく働かなくなり、

健康な体を作れなくなります。

 

そこで当院では、

酵素がしっかり働くために必要な成分を豊富に含んだ

特別な青汁をご提案させていただいています。

 

夏バテにも効果的!

青汁で栄養補給&体力回復して、

残暑を乗り切りましょう!

詳細はこちらから

お気軽にお問い合わせください TEL 092-836-9519 9:00 - 20:00[土曜日除く]

お客様の声

アーカイブ

最近のコメント

    PAGETOP
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.