まずはコレだけやってみて!〜睡眠の質を劇的に上げる習慣〜

こんにちは、久家です。

前回は
健康というものは
質の良い「睡眠」「運動」「食事」
すなわち
質の良い生活習慣で達成されるものだ
という話をしました。

前回記事:健康は生活習慣で達成される

これだけ健康情報が溢れる現代…
健康になるためには
生活習慣を整えることが大事だ
ということは
もうほとんどの人が知っている事実だと思います。

では実際
何をやっていけばいいのでしょうか?

睡眠、運動、食事全部に対して
意識高く取り組んでいる人もいるでしょうし、
1つしか取り組んでいない人もいるでしょう。

取り組み方も
何となくやっている人もいれば、

食材にこだわったり…

サプリメントを取ったり…

寝具にこだわったり…
と、真剣に取り組んでいる人もいるでしょう。

人それぞれで良いと思います。

今回から、
睡眠、運動、食事それぞれに関して

どなたにでもまず取り組んでほしい事

をお伝えします。

「これさえやればいい」
というものではありません。

今の所
「最も影響力が大きい」
と僕が考えているものをご紹介します。

今何も取り組んでいなければ
まずこれから始めてみてください。

今何かに取り組んでいるのであれば、
それにプラスしてください。

間違いなく効果が上がると思います。

今回は睡眠編です。
それでは早速行ってみましょう!

睡眠の質を上げるには?

睡眠については
時間と質が大事だと言われます。

時間は確保するしかありませんが、
質ってどういう事でしょうか?

時間と質が分けてあるということは
例えば8時間寝れていても
質が悪い睡眠があるということ。

寝ても全然疲れが取れない
という人もいますよね。

眠れればいいというわけではないのです。

睡眠は以下の3つのために必要
と言われています。

・脳のデトックス
・内臓を休める
・脳の適切な処理


これが適切に行われる睡眠が
質が高いと言えます。

そして
質の高い睡眠が取れた結果として、
しっかりと体が回復するわけです。

睡眠の質が良いか悪いかは、

朝起きた時に前の日の疲れがどれくらい取れているか

で判断するといいと思います。

ではどうしたら
睡眠の質が上がるのでしょうか?

それは…

副交感神経を優位にすること。

体をリラックスさせるのです。

そのためにやることは
睡眠前ルーティーンを作ることです。

ネットで調べれば
たくさん出てくるので、
ぜひあなたのライフスタイルに合ったものを
取り入れて欲しいのですが、
その中でも
特に皆さんにやってほしい事
いや
みんなやるべき事すを今回ご紹介します。

睡眠の質を上げる最も効果的な方法

なかなか眠れない…
眠りが浅い…
朝起きて疲れが取れていない…

そんな方にまずやってほしいのは…

寝る前2時間スマホを見ない

これだけです。

たったこれだけで
あなたの睡眠は劇的に変わります。

睡眠の質を考えた時、

寝る直前まで
・スマホを見ている
・パソコンを見ている
・ダブレットを見ている
というのは、はっきり言って最悪です。


神経が過度に刺激され
交感神経がものすごく優位になるので
これが一番眠りの質を下げます。

たとえ世界一のベッドで寝たとしても
スマホを寝る直前まで見ていたら…

アウトです。

それならまだ、
スマホを遠ざけて
睡眠前ルーティーンを確立して
副交感神経を優位にして
畳の上で寝たほうがぜんぜんマシです。

スマホは寝る2時間前まで。

無理な方はせめて
お風呂に入る前までにしましょう。

お風呂に入った後はスマホを見ない。
寝室にはスマホを置かない。


お金も時間もかかりません。
見なければいいだけなんで。

高級なベッドを買わなくても…
サプリメントを飲まなくても…

あなたの睡眠の質は上がるんです。

寝る前までスマホを見なければ。

睡眠の質を下げる行為はパワハラ上司と変わらない?

寝る直前までスマホを見ることが
どれくらい影響があるのでしょうか?

スマホやパソコンの画面から発せられる
ブルーライト

その影響は
あなたも聞いたことがあるでしょう。

ブルーライトには
眠りにつく時間を体に知らせる
メラトニンというホルモンの分泌を抑える
特殊な効果があります。

ブルーライトは
大昔の私たちの祖先にとっては
晴れ渡った空から降りてくるものでした。

それを今では、
寝る直前まで
スマホの画面から浴びているので
脳が昼だと勘違いするわけです。

いつまで経っても脳が目覚めたままなのです。

ブルーライトは
あなたの体内時計を
2〜3時間は巻き戻すでしょう。

さらに
アプリやSNS、ゲームなど
あらゆる刺激によって脳が目覚めてしまう。

あなたの脳は
いつになったら休めるのでしょうか?

脳を休ませないと、
鬱や不安の症状のリスクが高まる
ということも分かってきています。

睡眠の質がいかに大事かということです。

そして、
整体師の視点から言わせてもらうと

わざわざ寝る前に体を歪ませている

あなたはどのような姿勢で
スマホを見ていますか?

おそらく座って見る人のほとんどが
猫背になってうつむいているでしょう。

ソファーやベッドに横になって
見ている人もいるでしょう。

せっかくお風呂に入って
体がリラックスして
寝る準備に入ろうとしている体に…

わざわざストレスをかけて体を歪ませているのです。

それでもし
寝具が合っていなければ…
寝ている間にも
さらに体を歪ませてしまい
睡眠の質は最悪です。

寝る直前までスマホを見るということは
脳に対しても…
体に対しても…
寝る直前までストレスを与えている
ということに気づいてください。

寝る前までスマホを見て何もいいことはありません。

もしあなたが寝る直前まで
スマホを見ているのなら…
脳や体からすると、
あなたは
ブラック企業やパワハラ上司と
何ら変わらないかもしれません。

1日フル稼働してきた脳や体に、寝る直前までストレスをかけ続け、働かせているのですから

スマホを見る習慣が子どもの成長を蝕む

おそらく
こういったことを知っても
スマホを制限できる人は少ないでしょう。

それくらい
現代人はスマホに依存しているので。

そこで今回は
子供への影響もお伝えします。

まずは先ほどもお伝えした
ブルーライト

これは、
子供の脳の発達を妨げます。

脳の前頭葉という部分を破壊している
とまで言っている人もいるくらいです。

スマホの画面を見る時間が
長ければ長いほど、
脳の発達は妨げられています。

2、3歳くらいの子に
見せとけばおとなしいから
という理由で
スマホを見せている親御さん達がいますが、
子供の脳の発達より
おとなしくさせることの方が大事なのかと
不思議に思ってしまいます。

海外での多くの研究で

スマホを教室から追い出せば、生徒たちの成績がアップする

ということもわかっています。

そして、
特に成績を伸ばしたのは、
勉強で苦労していた子供たち。

学校でスマホを禁止すれば、
お金をかけずに
生徒間の成績格差を縮められる
という結論に至っているとのことです。

さらにもう一つお伝えすると、

「甘いものを食べなければ、理想のスタイルが手に入るかもしれない」

「今ゲームをせずに勉強すれば、行きたい学校に行けるかもしれない」

こういった、
将来もっと大きな「ご褒美」をもらうために、
すぐにもらえる「ご褒美」を我慢するのは
大人にとっても、
子供にとっても、
非常に重要な能力だと思います。

自制心とも言えるでしょう。

スマホを長時間使用することで
この能力が低下することがわかっています。


これが何を意味するのか?
ご褒美を先延ばしにできない
ということは…

上達に時間がかかるような事を学べなくなる

という事です。

仕事でも…
勉強でも…
スポーツでも…
芸術でも…
すぐに上達できるものなんて
なかなかありません。

しかし今の子供は、
すぐに手に入るご褒美に慣れているので、
上達できなかったら
すぐに辞めてしまうのだそうです。


この他にも
子供達への悪影響はまだまだあります。

今回ご紹介したこと
・子供の脳の発達を妨げる
・学校の成績に大きく影響する
・自制心が養えない

これだけを考えても
子供への影響は計り知れません。

そんなスマホを
お子さんに長時間持たせたいですか?

子供達のスマホの使用時間を減らすことは
とても大事なことです。

しかし親が長時間使っていたら、
子供に言うこともできませんよね。

自分の健康のためにも
子供の成長のためにも、
スマホの使用時間は減らしていきましょう!

そのスタートとしてまずやること。

それは…

寝る前にスマホを見ないことです。

わが子にiPadを持たせなかったジョブス

いかがでしたか?

今回はなんか…
説教みたいになってしまいましたね(苦笑)

もし気分を悪くさせていたら、
申し訳ありません。

でも
あなたやあなたのご家族の健康を考えた時に、
睡眠はとても重要なことですし、
今の社会でその睡眠に
最も大きな影響を与えているのが
スマホなんです。

その影響を知ってほしくて
あえて書かせていただきました。

IT企業のトップは子供にスマホを与えない
というのは有名な話です。

Appleの創業者
スティーブ・ジョブズはわが子に対して
「iPadはそばに置くことすらしない」
と言っていたそうです。

そして
スクリーンタイムを
厳しく制限していたとのこと。

ビル・ゲイツは
子供が14歳になるまで
スマホは持たせなかったそうです。


これが何を意味しているのか?

誰よりも
iPhone、iPadを知っているジョブズが
自分の子供に持たせたがらなかった
ということは、
それだけ子供の成長に悪影響を与えるもの
ということだと僕は思います。


これからの時代、
スマホを一切使わないことは無理です。

大人も子どもも
スマホとはうまく付き合っていかないといけない時代です。

急に何時間も減らすことは
なかなか難しいでしょう。

だからと言って、
自分の健康を害しては意味がありません。

健康を考えた時に
大きく影響する習慣は睡眠です。
そして
睡眠の質を大きく下げてしまうのが
寝る前にスマホを見る事なんです。

まずは…

寝る前にスマホを見ないことから始めましょう!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回は
「まずはコレだけやってみて〜運動編〜」
をお伝えします。
お楽しみに。

久家

福岡市西区の姿勢矯正専門整体院ベストフォームについて

ベストフォームは、福岡市西区で姿勢矯正に特化した施術を行なっている整体院です。
完全個室・完全予約制なので、施術中に他のお客様と顔を合わせることのないプライベート空間で、人目を気にせずリラックスして施術を受けていただけます。
毎回院長である私が担当し、体の状態、症状の経過をしっかりと把握して、患者様一人一人の悩みと真剣に向き合い、責任をもって施術させていただきます。
夜は20時まで受付、日曜祝日も営業していますので、お仕事でお忙しい方も無理なく通えます。
お悩みの症状を本気で改善したい方はぜひ一度ご来院ください。

お電話公式LINEからもご予約・お問い合わせいただけます。

メニュー・料金

メニュー・料金

整体バランス調整姿勢矯正産後骨盤矯正スポーツコンディショニングその他姿勢矯正コース骨盤、背骨、手足などの骨格の歪み矯正、筋膜リリースを行ない、猫背、反り腰、巻き肩などの不良姿勢をリセット。
正しい姿勢を習慣化するセルフケアの指導まで行ないます。こんな...
メニュー・料金の画像

予約・施術の流れ

予約・施術の流れ

お問い合わせ・ご来店初回のご予約は電話、ネット、LINEのいずれかとなります。ご不明点、疑問点などございましたら、電話かLINEでお問い合わせください。カウンセリング・検査「いつから症状が出ているのか?」「何をした時に症状が出るのか?」「生活に支障が出ていることはないか?」などをお...
予約・施術の流れの画像

このコラムを書いた人

福岡市西区の整体ベストフォーム 代表久家陽介

経歴

  • 出身地:福岡市西区
  • 出身校:修猷館高校ー九州大学ー九州大学大学院
  • 大学卒業後、企業に就職。その後転職しメディカルトレーナーの資格を取得。大阪、兵庫、福岡で10年間整骨院に勤務。
  • 2014年Best Formを開院。パーソナルトレーニングの指導、野球チーム(中学、高校、大学)の専属トレーナーとしての活動経験もあり、症状の改善だけでなく、健康づくり、アスリートの故障予防やパフォーマンスアップにも精通している。

メッセージ

人生100年時代を健康に生きていくためには、自分で情報を取捨選択して、「自分の健康を自分で作る」能力が必要不可欠になります。だからこそ整体で症状を改善するだけでなく、患者さんたちが自分の健康を自分で作れるようにサポートをする、これが僕ら整体師が担う重要な役目だと考えます。
当院のコンセプトは「健幸づくり」。患者様一人一人に、健康を当たり前にして幸せな人生を送って頂きたい、そんな想いを込めて仕事をさせて頂いています。
ご来院中の患者様、そしてこれから出会う方々とのご縁に感謝して、一人でも多くの方を「健幸」に導くために邁進して参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

整体コラムに関連する記事

肩こり・腰痛は習慣?生活習慣があなたの健康を決める!の画像

肩こり・腰痛は習慣?生活習慣があなたの健康を決める!

こんにちは、久家です。

僕は整体師という仕事をしていますが、
施術と同等かそれ以上に
大事にしている事があります。

それは…

生活習慣の改善

健康な体を作るためにこれは
絶対に欠かせないものです。

そ...
心は言葉でできている!〜言葉の選択の重要性〜の画像

心は言葉でできている!〜言葉の選択の重要性〜

こんにちは、久家です。
 
健康について
「体」と「心」両方が大事
とよく言われますが、
現代のストレス社会では
心の方を病んでいる人が
非常に多いように思います。

「人は楽しいから笑う」
 
これに異論...
「シンプルな計画」が桁外れの効果をあげる!の画像

「シンプルな計画」が桁外れの効果をあげる!

こんにちは、久家です。

当院にご来院中の患者さんたちは
僕が施術中にお伝えした
・ストレッチ
・筋膜リリース
・エクササイズ
・食の改善
・睡眠の質を上げる取り組み
などを
ご自宅でやってくれていますが...